歯を痛がる女性

結婚式に向けて歯を白く!それならホワイトニング治療

結婚式を控えている女性は今よりも歯を白くして口元をキレイにし、美人の花嫁さんと言われたいのではないでしょうか。
結婚式でウエディングドレスを着る時には顔はもちろん、口元の美しさも注目されるので歯の黄ばみが気になっている場合は歯科医院でホワイトニング治療を受けておくことをおすすめします。

ホワイトニング治療が結婚式を控えた女性におすすめである理由は、この方法なら歯を削らなくても歯の色を白く出来るからです。
ホワイトニング治療は歯科医院で行う場合、過酸化水素などの有効成分が含まれた漂白剤を歯に塗った後に光を照射して歯を白くしていきますが、効果の実感が早い点が便利です。
また、ホームホワイトニングという自宅で行える方法を選んだ場合には、自分の歯型に合わせたマウスピース型の器具を歯科医院で作ってもらい、その中に漂白剤を入れて歯に数時間装着して歯を白くするという方法になります。

ホワイトニング治療で使われる漂白剤は安全なものであり、歯を白くするために歯を削る必要がないという点は歯の寿命を縮めない点がおすすめです。
例えば、歯を白くするための他の方法にはラミネートべニアという審美治療がありますが、ラミネートべニアは歯の表面を薄く削ってセラミック製の薄い板状のパーツを貼り付けることで歯を白く見せるという方法です。
ラミネートべニアではすきっ歯の治療も同時に出来るメリットがありますが、歯を削らなければならない点や費用が高い点がデメリットとなるためホワイトニング治療を選ぶ方が良いでしょう。
また、歯を白くするためにセラミックの被せ物を使う方法も考えられますが、この方法も歯を削る必要があり治療費が高額となる点が問題となります。

一方、歯のクリーニングは歯科医院で歯の表面に付着している歯垢や歯石を除去してもらう施術ですが、人によってはこの方法でも歯が多少白くなることがあります。
しかし、歯の色が加齢や遺伝などの原因で黄ばんでいる人などはホワイトニング治療を行わないと白い歯にすることが出来ないので、口元の美しさを手に入れる目的ならホワイトニング治療を選ぶのがおすすめです。

それから、ホワイトコートという方法は歯のマニキュアとも呼ばれており、歯の表面に希望する白さのコーティング剤を塗ってから光を照射して固めるという方法になります。
ホワイトコートも歯科医院で行うホワイトニングと同様に短時間で歯を白く出来る点がメリットとなります。
歯と歯が噛みあう部分には塗ることが出来ない点や硬い物を噛んだ時にコーティングが欠けてしまうことがある点がデメリットと言えます。

以上のことから、結婚式に向けて歯の黄ばみを白くしたい女性にはホワイトニング治療が一番おすすめと言えるでしょう。
歯科医院でのホワイトニング治療なら忙しい人にも受けやすいですし、自分のペースで行いたい場合には自宅で施術を行う方法も選べます。
自分に最適なホワイトニングの受け方を医師に相談して、結婚式までに白い歯を手に入れてはいかがでしょうか。