歯を痛がる女性

歯肉炎や歯周病はどれくらいで治るか?

歯肉炎や歯周病は初期の段階では痛みもないため、知らないうちに悪化して、歯茎の腫れや出血が起きて、はじめて気づくことが多い恐ろしい病気です。
また初期の場合は、多少、歯茎が腫れていても人間本来が持っている自然治癒力で腫れが引いてしまうことからつい放置して重症化を招いてしまいがちです。

しかし、放置してしまうと症状はどんどん進行して、歯茎が下がり、歯がぐらぐらと動揺して、最悪の場合、手遅れで抜歯になってしまうこともあるため、初期の段階で早めに治療を始めることが重要なのです。
この時、気になるのが歯肉炎や歯周病はどれくらいで治るのかということですが、知っておかなければいけないのが歯周病の治療にかかる期間は、その進行度によって変わってくるということです。

まず歯茎が少し炎症を起こしている歯肉炎や、若干、歯が浮いた感じがするといった初期の歯周病ですが、初期の場合は、自然治癒力での回復が見込めます。
歯科医院ではあまり大がかりな治療を行うわけではなく、歯石除去やブラッシング指導、投薬によって歯周病菌を出来るだけ減らすことを目的とした治療が行われます。
そのため、それほど治療期間はかからず、平均して1~2か月程度、回数にして4回程度の通院で症状の改善が見込めます。
治療にかかる費用は1回あたり、2000円程度が目安です。

次に歯が長く見えるなどの歯茎下がりが起きたり、多少、歯のぐらつきを感じる中期の歯周病の場合、およそ3~1年程度、回数にして6回~20回程度の通院が必要となります。
基本的には1回あたりの費用は初期と同じくらいですが、歯を支える歯槽骨が溶け出しており、再生手術が必要という場合は保険外治療となりますので、5~10万円程度かかってきます。

最後は、歯を支えている歯槽骨が溶けて3分の1まで減少したような重度歯周病の場合です。
この場合の治療期間は1年以上かかるとされており、ほとんどが保険外治療となることから費用負担も大きくなります。
また多くのケースで抜歯という選択肢が取られることもあるため、抜歯後にはインプラントや義歯などの治療も必要となります。

このように歯肉炎や歯周病の治療期間は症状の度合いによって変わってきます。
初期であれば、それほど期間もかからず費用負担も少なく済ませることができるため、口内になんらかの違和感や異常を感じているのならば、早めに歯科医院で検査を受けることが重要なのです。