歯を痛がる女性

歯列矯正はどうしても時間がかかる

歯列矯正をしたいと思っている場合、時間がどの位かかるのかは気になるポイントなのではないでしょうか。
歯列矯正は、審美歯科で被せ物を使って歯並びを治す方法に比べるとどうしても時間がかかってしまうというデメリットがあります。
しかしそれは、本人の歯を矯正装置を使って少しずつ動かしていくという歯列矯正の性格上仕方が無いこととなります。
また、もともとの歯を削って被せ物をするといった審美歯科治療に比べると、歯の寿命に悪影響を与えない点は歯列矯正の良い点です。

歯列矯正にはインビザラインやクリアアライナーといった透明なマウスピース型の矯正装置を使って歯を動かす方法と、昔から使われているワイヤーとブラケットを使って矯正を行う方法などがあります。
それぞれの人の歯並びの状態に合わせて利用する方法を選びます。
歯列矯正にかかる時間はインビザラインやクリアアライナーを使うと1~3年ほど、ワイヤーとブラケットを使う方法でも1~3年ほどとなっております。
どの方法を選んでもある程度の治療期間がかかりますが、患者さんの歯並びの状態によっては期間が比較的短くて済む場合もあります。

ところで、歯列矯正は長期的に行う治療となるため、矯正装置を着けている状態が楽な方が患者さんにとってはメリットがあるのではないでしょうか。
インビザラインやクリアアライナーは透明なマウスピース型の装置を装着して矯正を行うので、歯列矯正中も患者さんの外見がほとんど変わらないという点が魅力です。
インビザラインやクリアアライナーなら笑顔になった時などに歯が見えてしまっても、歯列矯正をしていることが他の人に気づかれにくいため、あまりストレスを感じずに矯正治療を続けることが出来ます。

それから、歯列矯正をしている1~3年ほどの期間中は、ワイヤーとブラケットでの治療を行っている場合には歯から装置が自分では外せないため、歯磨きがしにくかったり食事がしにくいというデメリットが出てしまいます。
それに対してインビザラインやクリアアライナーなら患者さん自身でマウスピースを取り外し出来るので、矯正治療中でも食事を普段通り行って好きな物も食べられる点が便利です。

歯列矯正は長い時間がかかるため、患者さんによっては途中で挫折しそうになることがあるかもしれません。
しかし、インビザラインやクリアアライナーでの治療ならつらいことが少なくなるため治療が続けやすいのではないでしょうか。
なお、歯列矯正をマウスピース型の装置で行うなら、医師に指示された1日あたり何時間以上装着するという決まりを正確に守ることが必要となります。
毎日しっかりと装着することで、歯並びが改善するまでの時間を延長することなく予定通りに完了させられることが期待出来ます。