歯を痛がる女性

口臭をすぐに消す方法を知りたい!

まずはすぐに口臭が消えない理由から検証してみます。
口臭を消すために使うものとしてまず思い浮かぶものは、ガムとタブレットです。
ところが、結論から言いますとガムやタブレットでは口臭を消す効果は期待できません。
なぜなら、単純に言って、ガムやタブレットは口臭を消すために作られたものではないからです。
ガムやタブレットには香料が含有されていますが、香料はあくまでも不快なにおいをマスキングする効果、つまりはにおいをごまかす効果しかないのです。

ガムは全く効果がないかというと決してそうではありません。
口臭を消すには唾液を出すことが必要ですから、ガムにはそれなりの効果はあります。
他に効果がありそうな飲物として緑茶と牛乳があります。
まずは緑茶です。
緑茶にはポリフェノールやフラボノイドが含有されています。
これらには、殺菌作用があります。
ですから口内の汚れが洗われて口内衛生を整える効果はあります。
しかし、口臭予防の効果は期待できません。
口臭を消すほどの殺菌力はありません。
次に牛乳ですが、ニンニクのにおいを消すと言われています。
しかし、これは残念ながら迷信です。
その理由は、口臭がある人の6割の人は舌苔ができているのです。
牛乳を飲むと余計に舌苔を増長させてしまうからです。

次に歯磨きで消せるかどうかです。
歯磨きでクリーニングできるのは歯であって、においの原因になるほど歯に歯垢がついている人はいないです。
実は原因の多くは舌と喉にあり、菌が原因です。
常在菌によって形成されているのです。
常在菌は人の体からなくなることはありません。
喉の菌も舌の菌と同じで、うがい薬を使ってもすぐに菌は増殖します。

タバコを吸う人の口臭が気になるという向きも多いですが、これはニコチンとタールのにおいがするだけで実は別物です。
ニコチンやタールは唾液に溶けます。
歯についたヤニは大きな原因ではありません。
ただ、タバコを日常的に吸っている人は口臭症になります。
喫煙リスクによって健康を害してそれが原因で口臭を引き起こします。
特に大きな原因は、喫煙によって唾液の免疫力が低下するのでヤニが舌苔を作ることです。
予防法としては、水を飲みながらタバコを吸うとよいと言われています。

口臭をすぐに消すことはできなくても改善することは可能です。
地道なことばかり保険になるかどうかは疑問ですが、小まめにうがいをする、水を飲む、ストレスをためない、酸性食品を控えアルカリ性食品摂取を増やす、舌や顎を意識的に動かすといった行動を生活の中に定着させることが大切です。